いつか2人で旅に出よう

Real time  2

夢のような時間からもう3週間が過ぎた俺もYukiも忙しくしていて数日に一度、生存確認のみの連絡になっているそれでも不安はない不安はないが会いたい気持ちはなくならない干渉もしないルールもない次の約束もない関係なのに寂しさはあまりない不思議なもんだがいつもそこにいる感覚ここまでくるには長い年月があったけどまわり道しても最終的に俺たちは繋がっているこないだ「お互い 歳を重ねてもう少し自由になれたらいつか旅行...

READ MORE

帰りの電車で思うこと

Real time  2

(昨日)今日も疲れたな休憩もなく働いた とりあえずやれることはやった誰も褒めてはくれないからとりあえず自分で褒めよう今日はブログにどんなことを書こうか明日は毎日Yukiのことを思うそうだ週末 、関西は雪が降ったらしい今更だけど聞いてみよう俺「こんばんは Yuki雪は大丈夫か?」しばらくしてYuki「なんやねん ダジャレか?」俺「ちゃうちゃう 偶然や」Yuki「突然の親父ギャグにだるまさんから説教してもらおう」(ん...

READ MORE

また会う日まで

Real time  2

俺は改札に向かう間寂しくてしょうがなかった急に無口になった俺を労わるように「ねぇ 大丈夫?」「ちょっとぉ、元気出してよ」なぜかYukiに励まされていた俺「あぁ、でも寂しい」Yuki「また会えるやん」腹が立つほどあっさりしてるでもYukiにめそめそされたら俺はもっと辛くなるからこれでいいのかとうとう改札に来たYukiは笑顔で手を振ったYuki「気を付けてね」「うん また会おうな ありがとう」何度振り返ってもそこにはYuki...

READ MORE

時は無情にもすぎゆく

Real time  0

時計は見たくない現実に引き戻されそうでできるだけ見ないようにしていただけどさすがにそろそろ見ないといけなくなった恐る恐る腕時計に目をやるげっ もうこんな時間かよ「そろそろ行く?」とYukiが言った俺「うん」Yuki「楽しかった、ごちそうさまでした」俺「俺もごちそうさま」俺が食事代を出すと次のお茶代は必ずYukiが払うすべて俺が払うと言っても聞かないのだそうゆうところ頑固だから素直に甘えることにしている「改札ま...

READ MORE

甘い時間

Real time  2

カウンターに並んで座り話を弾ませた仕事や趣味、家族のことだけど今回 俺は妻や娘の話は意識して避けていた気がするどうしてだろういつもは平気で話すのだがその夜は忘れたかったのか周りを見渡すとたくさんの女性がいるけれどやっぱりYukiが一番きれいだな心の中で優越感に浸っていたそして思い出話に花が咲いていた時会社から緊急の連絡が入ったあーこんな時に限って俺「ちょっとラインしていい?会社からやねん」Yuki「もちろ...

READ MORE

スポンサーリンク