君に恋して~Jewelry Box~

妻がまだ彼女だった頃

Family  0

まだ嫁と付き合っている頃だったが一度だけ嫁にYukiを見られたことがあった俺とYukiが手を繋いで楽しそうに街を歩いているのを見かけたと言うあの日だYukiが最後に東京にきた日(その時の記事)思えばその日がYukiの独身最後のデートになったその頃 まだ彼女だった嫁だけどYukiの存在は知っていたいろいろ尋問されてたからな俺にとってYukiが特別な存在で忘れられずにいることも薄々気付いていたどうやらその日俺は友達と出かける...

READ MORE

また会う日まで

Real time  2

俺は改札に向かう間寂しくてしょうがなかった急に無口になった俺を労わるように「ねぇ 大丈夫?」「ちょっとぉ、元気出してよ」なぜかYukiに励まされていた俺「あぁ、でも寂しい」Yuki「また会えるやん」腹が立つほどあっさりしてるでもYukiにめそめそされたら俺はもっと辛くなるからこれでいいのかとうとう改札に来たYukiは笑顔で手を振ったYuki「気を付けてね」「うん また会おうな ありがとう」何度振り返ってもそこにはYuki...

READ MORE

時は無情にもすぎゆく

Real time  0

時計は見たくない現実に引き戻されそうでできるだけ見ないようにしていただけどさすがにそろそろ見ないといけなくなった恐る恐る腕時計に目をやるげっ もうこんな時間かよ「そろそろ行く?」とYukiが言った俺「うん」Yuki「楽しかった、ごちそうさまでした」俺「俺もごちそうさま」俺が食事代を出すと次のお茶代は必ずYukiが払うすべて俺が払うと言っても聞かないのだそうゆうところ頑固だから素直に甘えることにしている「改札ま...

READ MORE

甘い時間

Real time  2

カウンターに並んで座り話を弾ませた仕事や趣味、家族のことだけど今回 俺は妻や娘の話は意識して避けていた気がするどうしてだろういつもは平気で話すのだがその夜は忘れたかったのか周りを見渡すとたくさんの女性がいるけれどやっぱりYukiが一番きれいだな心の中で優越感に浸っていたそして思い出話に花が咲いていた時会社から緊急の連絡が入ったあーこんな時に限って俺「ちょっとラインしていい?会社からやねん」Yuki「もちろ...

READ MORE

1月17日

Memories  0

この日のことを書こうか迷ったが俺たちにとっても歴史に残る出来事触れずにはいられなかった阪神淡路大震災24年前の今日俺もYukiも大学生それぞれの場所で被災した大切なものを一瞬で失い悲しい現場も目の当たりにした幸い俺たちは無事だった特にYukiの住んでいた場所は被害が大きかったからYukiと数日間連絡が取れず俺はうろたえて生きた心地がしなかったYukiは現地で救助にあたっていた友達や友達の家族を必死で探していたYukiと...

READ MORE

滅多に会えない君だから

Real time  0

俺はyukiのすべてを目に焼き付けたくて瞬きするのも惜しいほど見つめていた「なんやの?そんなにじっと見られたら穴開くわ」と恥ずかしそうにしてた髪の色 少し明るくしたんだね職場の規制が緩んで少し明るくしてもオッケーになったからと言ってた髪ここまで伸ばしたのは珍しい肩より長いサラサラのストレートヘアも似合ってる揺れるピアスが時々見え隠れして色っぽい俺が25年前にプレゼントしたネックレス細い指にピンクのネイル...

READ MORE

優しさに包まれて

Real time  2

気持ちを切り替えてYukiおすすめのカフェに向かう途中「Yuki、俺と付き合ってくれる?」と聞いたYuki「ええよ せやけど私ら何回付き合ったら気が済むねん」と笑ったつられて俺も笑った何回付き合っても俺は片思い気分が抜けないそれくらいが俺にはちょうどいいのかなYuki「着いたよ」俺「ここ?」Yuki「ほら、ここならカウンター席あるから手も繋げる」Yukはにっこり微笑んで俺の背中を押してカウンター席に案内した(そうゆうこ...

READ MORE

店を出て

Diary  4

食事を終えてもまだゆっくりする時間があったので場所を変えてコーヒーでも飲もうかと言ったYuki「うん、飲みたい飲みたい」俺は二人きりになりたかったYukiの温もりを感じたくてその気持ちを正直に話した結果ばっさり断られたYuki「それコーヒーちゃうやん」俺「そこでも飲めるやん」俺にしては頑張ったけどYukiも「今日はカフェ行くの!」と譲らないでもここで嫌な気持ちになることはなく気持ちを切り替えたせっかく二人の時間だ...

READ MORE

聞きたかったこと

Real time  0

俺は今回会ったら確かめたいことがあった俺「最近 どうなん?」Yuki「何が?」俺「男だよ、彼氏とか」Yuki「ないよ、何にも」俺「嘘や」Yuki「ほんまやし」俺「独身の彼氏おったやん どうなったん?」Yuki「別れたというか自然に終わっとったわ」あっけらかんと言ったYukiをみて俺の心はぱっと晴れた独身の彼は昨年 地方に異動になってから連絡取っていないようだYuki「性格もなんとなく合わなかったし独身やったし いろいろ煩...

READ MORE

やっぱ彼女は最高

Real time  6

仕事が予定より早く終わり俺の方が先に着いたそわそわしながら待つしばらくすると「久しぶり~」とかわいい声で駆け寄ってきた(やっぱ綺麗だな)上品なのに華やかな顔立ちはいくつになっても目を惹く「わぁ、今日はスカートなんだね」「うん♪」(かわいいなぁ)完全に照れてしまって言えない俺俺「手繋ごう」返事待たずに俺はさっそく手を握って歩き出したYuki「うん」テーブル挟んで向かい合わせに座りゆったりした空間で食事を...

READ MORE

スポンサーリンク