Memories

約束の相手

0

スポンサーリンク

俺は Yukiにとって
大切な存在のまま
恋愛感情は封印された

すべては俺のしたことが原因

でも希望は捨てていない

「Yuki もしかして彼氏がいるの?」

「付き合ってはいないよ だけど
好きだと言ってくれてる人はいる」

ためらうこともなく
はっきりと言われた

「さっき その人と会ってたのか?」

「うん でも二人じゃないよ
お母さんのお誕生日だったから
お祝いの席に私もよばれてん」

もうそんな仲なのか 

すっかり俺の知らない間に
Yukiは新しい世界に
飛び込んでいた

そんなことも知らずに
のこのことやってきた俺
自分の行動がちょっと恥ずかしくなった


fc2blog_20180907212536c19.jpg


関連記事

参加しています
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

不倫・婚外恋愛ランキング

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply